FarmingSimulator2012_3DS_Box_newのコピー



このゲームはもともとPCで発売されていた「ファーミングシミュレーター」を3DSでも楽しめるようにしたもの。
このシリーズのPC版は海外では結構な人気になっているとか。他メーカーから日本語版も出ています。

で、その3DS版が満を持して発売されたわけですが、少し出来が残念なことになっていました。

以下レビューです。
(画像と文章の関連はあまりありません)




・真の草刈りを楽しめる

ss6ss3


ポケット農園は文字通り農園を経営するゲーム。

土を耕しッ!
種をまきッ!
水を撒きッ!
脱穀・収穫ッ!
トレーラーに積み込みッ!
それを売って新しい農具や土地を買うッ!


ということを地道に続けていきます。

それだけです。


余計なものは何もなく、ただそれだけをひたすら続けていくゲーム。
正直慣れてくると単調ではありますが、効率を上げて収穫していく喜びを楽しむことができます。

実った作物を刈り取る快感は、このゲームでしか味わえません。
まさに、真の草刈りゲー。






・とにかく不親切

ss5ss4


このゲーム、「知らないことは自分で調べろ」と言わんばかりの不親切さ。
チュートリアルもほとんどなく、いきなり広大な大地に放り出されます。

とにかくアイコンを見ても何が何なのかさっぱりわからない。
説明書に最低限のことが書かれているので、それを見ながら遊ぶことになります。

苦労するのはマップ。
いくつかアイコンが点在していて、それらは種や水を補充したり作物を売れる場所なわけですが
そのアイコンの名称や場所が説明されないため(説明書にも記載なし)
駅などの穀物ステーションへ作物を売ることでお金を稼げる、ということはわかっても
その場所がどこにあるかわからずしばらく町をさまようことになります。

幸い公式サイトでマップが公開されていたためなんとかわかりましたが、
ゲーム内だけでは解決できないので大きな不満の一つになりました。






・ひたすら作業

ss7ss2


最初に書きましたが、本当にただひたすら農園を経営するというゲームで
それ以外の要素はほぼ何もなし。

唯一あるのは突発的に発生する「クエスト」で、簡単に言うと遺失物を探すミニゲームのようなもの。
時間内に発見するとお金がもらえるという序盤では地味に嬉しい収入イベントになります。

ある程度慣れてくると、耕したり種を蒔くのがものすごく面倒になってきます。
そんな時に用意されているのが「アシスタント」機能。
必要な農具を装備してボタンを押すと、勝手にその作業をやってくれます。
お金は少しかかりますが、アシスタントなしでは地獄のマゾゲーになるので必須です。

ただ、アシスタントがやってくれるのはあくまで畑で農具を使った作業なので
作物を売りに行ったり農具を取り替えるのは自分でやらないといけないのでやっぱり面倒。

基本的にひたすら作業、作業、作業の繰り返しですが
収穫してお金を増やし、乗り物が3台・4台と増えてくるころには
多少農業の楽しさを実感できるかもしれません。






・総評・・・65点

マゾゲー・・・とまではいきませんが、作業することに喜びを見いだせる人なら楽しめるゲームです。
某牧場経営ゲームなどを想像して買うと間違いなく泣くことになります。

ク○ゲーと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことはなく
ちょっと説明不足でやれることが少ないというだけです。
今までにないガチな農園ゲーなので気に入る人は少なからずいる…かもしれません。

もうちょっと中身を頑張れば更に楽しめるゲームになっていたのではないでしょうか。





最後に、一番おもしろかったのは公式サイトだったということを付け加えておきます。

http://game.intergrow.jp/
名称未設定 1







公式サイト

販売元:
http://game.intergrow.jp/







この記事はintergrowが主催する『ファーミングシュミレーター3D ポケット農園』のブログレビュー企画に参加して書いています。本企画への参加及び記事掲載に対する金銭報酬はありません。また、事実誤認の修正及びこの文章の掲載以外、メーカーから記事の内容に対する関与は受けていません。