dq401


スマホでは定番となっている「ダーククエスト」シリーズ最新作を遊んでみました。


この記事はゲームロフトによるブロガーレビュー企画に参加して掲載されています。本企画では課金によるゲームの変化を試すためにiTunesカードまたはGooglePlayギフトカードの提供を受けた上でプレイしています。なお事実誤認の修正ならびにこの文章の掲載以外、メーカー等から記事の内容への関与は一切ありません。




このゲームは「ディアブロ」などのハック&スラッシュ系に分類されるアクションRPG。

PS3やPSVitaでも「ダーククエスト アライアンス」というシリーズ作品が配信されているので知っている人も多いのではないでしょうか。

今回はその最新作「ダーククエスト4」を遊んでみました。
ゲーム自体は2013年の5月に配信されたものですが、マルチプレイにはまだまだユーザーが残っているようです。





最初はキャラクター5人の中から1人を選ぶことになりますが、扱いやすそうなバトルウォーンを選択。
dq402

dq403dq404

dq406dq405




ストーリーは、復活した悪魔により壊滅しそうな王国を主人公が救うというありがちな展開。
dq407

dq408

dq413




操作はオーソドックスにバーチャルパッドで移動、攻撃ボタンタップで攻撃。
自動的に敵の方向を向いて攻撃してくれるので楽ちん。
dq410

dq409

dq411




なんとコントローラーにも対応してくれています。
接続すると、対応ボタンが画面上に表示される親切設計。
ボタン数の少ないゲームパッドでも使えるようになっているので、以前記事にした「G550」などでも遊べます。
ただ、メニュー画面はかなり操作しづらいので結局タッチ併用することに…。
それでも格段に遊びやすくなるのでオススメ。

▼タッチ操作モード
dq416

▼コントローラーモード
dq417




ゲーム中には、NPCに話しかけることで発生する戦闘イベントなんてものも。
クリアすると、お金や経験値がもらえます。
dq433

dq434

dq435





基本無料なので、もちろん課金要素も入っています。
ダイヤを購入し、アイテム追加スロットや装備品、ロトなどに使用できます。
装備品はかなり強力なものもあり、1つ装備しただけでバランスを崩しかねない性能です。

他にも、この手のゲームでは命綱となる回復ポーションにも課金要素が。
通常プレイではポーションを手に入れることができず、時間経過で最大3つまでストックできるという仕様。
ポーションはダイヤを使用して購入もできるので、長時間遊ぼうとすると必然的に課金が必要に。
dq412

dq415

dq414


▼装備品を強化する宝石がもらえるアイテムロト。ブロンズロトは1日1回無料で回せます。
dq421




そして1番のキモであろうマルチプレイ。
ラウンドごとに現れる敵を倒しまくるという単純な仕様ですが、すぐマッチングして戦闘に参加できます。
配信から1年経っていますが、低レベル帯にもかかわらず人が大勢いました。
ストーリーモードはポーションの関係でサクサクと進めるのは難しいのでこちらが人気なのかも。
dq422

dq423

dq424

dq425

dq426

dq437

dq438




期間限定のイベントなども開催されていました。
ランキング上位に入ると豪華なアイテムが手に入るようです。
参加してみましたが、はじめたばかりのキャラだったのですぐ死ぬという当然の結果に…。
dq428

dq429

dq430

dq431



他にも実績などが用意されているため、やりこみプレイも楽しめます。
dq432





本気でやり込むとなるとどうしてもお金がかかってしまいますが、
空いた時間にちょっと楽しむというスタイルならお得に長く楽しめそうなゲームです。

スマホではあまりこの手のジャンルは出ていないので、この機会に遊んでみてはいかがでしょうか。



AppBANKのプレイムービー