sens06

戦場のヴァルキュリアのSteam版が配信されたので、とりあえず比較してみただけの記事です

Steam版戦場のヴァルキュリアは現在英語版のみが配信されており、
日本語ボイスは収録されているものの文章や字幕は英語のみ。
さらに日本国内向けには購入できない、いわゆる「おま国」扱いなタイトルになっています。

そんなSteam版戦ヴァルを手に入れたので早速プレイ。
欲しい方は少し検索すれば購入方法がわかると思います。


PC版は解像度やフレームレートを設定することが可能で、モニターに応じて1080p以上の解像度にも対応しています。

もっと大きい解像度でもできたんですが、今回は1080pでキャプチャ。
PS3版は720pなんですが、引き伸ばして無理やり1080pにして比較しました。



というわけで序盤だけ軽くプレイして同じシーンをキャプチャしました。
上がPS3版、下がPC版です。クリックして比べてみてください。


まずはイベントシーン。

イベントシーンは単なるムービーなので、どちらもほぼ違いはありません。
senp09
sens09

senp10
sens10

senp01
sens01

senp06
sens06






そして戦闘シーン。こちらは解像度の違いが大きく出ました。
パッと見はわかりませんが、PC版のほうはジャギがなく綺麗です。
遠景や木の葉もクッキリしています。

senp02
sens02

senp03
sens03

senp04
sens04

senp05
sens05





ヘッドショットの決めポーズも、PC版だととても綺麗でした。

senp07
sens07

うんっ!
senp08
sens08



ついでに2560x1440でもキャプチャ。さらにクッキリ。
sens09









ここまで見てきたらわかると思いますが、解像度以外はほぼ見た目に違いはなさそうです。

ただロード時間やフレームレートの違いで圧倒的にPC版の方が快適でした。
英語という大きな壁を乗り越えられるのであれば買って損はしないのではないかと思います。


久しぶりに戦ヴァルを遊んでみて、
PS3初期にこんな綺麗なグラフィックを出せていたことに驚くのと同時に、
こんな名作がなぜブラウザ・スマホゲーに落ちぶれてしまったのかと悲しい気持ちになります。

コンシューマ機で続編が無理でも、PS4に移植するだけでも喜んで買う人は多いと思うのですが…。
せめて日本語PC版くらい出してあげてもいいんじゃないでしょうか。




Valkyria Chronicles
http://store.steampowered.com/app/294860/